中国語ウェブマーケティング

~中国インターネット最新事情~

急速な経済成長に沸く中国ですが、全体の発展にはまだ遠い様々な事情があります。中国に向けたウェブマーケティングには、このような中国の現状を把握した上でのプロモーション・プラニングが不可欠です。

インターネットユーザー人口

2009年7月に発表されたCNNICの「中国インターネット発展統計報告書」には、 中国でのインターネット・マーケティングを考える場合にヒントになる様々な 数字が公開されています。

  2008年12月 2009年6月 増加率
インターネット ユーザー
(モバイルユーザーを含む)
2億9800万人 3億3800万人 13%

中国全体のインターネットユーザー数は毎年順調に伸び続けていますが、 下の表にあるように都市部のユーザーが全体の7割以上です。 国全体のインターネット浸透度が25%と低い水準にあるのは、地方の浸透度が まだ低いためとと考えられます。

中国の総インターネットユーザー
都市部のユーザー 2億4200万人 72%
地方のユーザー 9600万人 28%

インターネット浸透度
中国 韓国 アメリカ 日本
25.50% 76.10% 74.70% 73.80%

ネットユーザーの性別は男53%、女47%とほとんど変わりませんが、 ユーザーの年齢に中国の特徴が出ています。総ユーザー数の約32%が 学生であるために、10代、20代のユーザーが全体の6割以上を占めて います。中国のユーザーの平均年齢は25歳と若く、ユーザーの低年齢化が 進んでいるようです。

年齢別インターネットユーザー
10以下 10 - 19 20 - 29 30 - 39 40 - 49 50 - 59 60以上
1% 33% 30% 20% 10% 4% 2%

インターネットアプリケーションの利用

アプリケーションの利用率については、音楽のダウンロードが圧倒的に 多く、また、ビデオ、ゲームなど若者に人気のアプリの利用率が高いという 結果です。先進国では利用率の高いオンラインショッピングは、中国では決済 システムや配送システムの未整備もあり、まだ発展途上といえます。 中国政府は国策としてEコマースの発展の推進を図っており、利用率は 確実に上昇するものと考えられます。

アプリケーション利用率(対総ネットユーザー率)
オンライン ミュージック 10 - 9
インターネット ニュース 33%
インスタント メッセージ 33%
検索エンジン 33%
オンライン ビデオ 33%
オンライン ゲーム 33%
Eメール 33%
ブログ 33%
フォーラム/BBS 33%
オンライン ショッピング 33%
オンライン 決済 33%
オンライン 証券 33%
旅行関係予約 33%

ネットワークのダウンストリーム速度

経済協力開発機構(OECD)が2007年に発表した主要国のネットワーク平均 ダウンストリーム速度は、17.4メガバイト/秒でした。中国には様々な要因も あり単純比較は難しいのですが、日本や韓国などのブロードバンド先進国から 見ると速度は相当に遅く、ピーク時にはさらに遅いという統計結果が出ています。

日本にサーバーを持つウェブサイトを中国で閲覧する場合(またはその逆の 場合)、ダウンストリーム速度は両国を結ぶ回線の帯域幅に依存するところが あり、自国内にサーバーを持つサイトを閲覧するのと同様の速度を得ることは (特にピーク時には)難しくなります。

ネットワークダウンストリーム速度(平均)
中国(ADSL) 日本(光回線)
4 Mbps 以下 90 Mbps 以上