中国語ホームページ翻訳 – 問い合わせに結びつく中文作成を

~翻訳会社とは一味違う中国語Webライティングサービス~

簡体字 or 繁体字?

中国語には主に中国本土で使用される簡体字と香港、台湾などで使用される繁体字の2種類があります。 簡体字は漢字の原型である繁体字を簡略化したものですが、文字によってはほとんど原型を想像できないものもあります。中国人なら誰でも両方読めるというわけではありませんので、中国向けの情報は簡体字、香港・台湾向けは繁体字とするのが基本的なルールです。 尚、数千万といわれる海外在住中国人のほとんどは繁体字使用者です。


また、地域により文字が異なるだけではなく用語や表現にも微妙な違いがありますので、ターゲットや目的をきちんと説明した上で翻訳会社に依頼するようにしましょう。 余計な手戻りや修正作業を最小限に抑えるることができます。

日本漢字、繁体字、簡体字

文書翻訳とホームページ翻訳、どこが違う?

通常翻訳会社が最も多く扱うのが文書翻訳です。 従って、ホームページの文章ルールに慣れている翻訳者は余り多いとは云えません。 Web上のテキストは簡潔、明確そして読みやすいことが第一です。 さらに、Webの特長である対話性を活かすためには、適切な位置でユーザーに行動を促す(クリックさせる)ための工夫も必要です。


また、翻訳会社は与えられた日本語をそのまま中国語に翻訳することが仕事ですので、ホームページ上の文章として適切かどうかなどの判断はしてくれません。 China-Webでは、Webライティングに精通した中国人ライターが翻訳及びリライトを担当します。 原文の意図を忠実に汲み取りながら、読んでもらえる、クリックしてもらえる中文テキストの作成を心がけています。

「翻訳+リライト」がおすすめです!

中国語へ翻訳した文章をそのまま使うホームページと、翻訳に手を加えより自然な文章にリライトしたサイトとでは、同じ訪問者数でもページビューが大幅に変わることをご存じでしょうか?
製品仕様やマニュアルなどのページは、正しく翻訳されていればそれで充分です。 しかし、トップページなどのように個々の製品やサービスへ誘導することを目的とするページの文章は、訪問者の興味を惹き次のページを読んでみたいと思わせるテキストであることが、中国語ホームページを成功させるための大切な条件なのです。


日本でも中国でも、ネットユーザーはせっかちです。 翻訳調の硬い文章や、読みづらい分かりにくいテキストでは折角の訪問者を逃がしてしまいます。 大切なページのテキストは、一手間かけてリライトする – China-Webのおすすめです。


China-Web では一般の文書翻訳サービスを中心とする翻訳会社とはひと味違う、自然で読みやすい中国語テキスト作成をはじめ、簡体、繁体双方での中文コピーライティングサービスをご利用いただけます。
お問い合わせはこちら